絹宮

絹宮

  • きぬみや


以下、ネタバレ情報(文字色反転)

(ドラッグすると文字が浮かび上がります)

  • 平安時代、秦氏セイを祀るために建造した。所在地については明確にされていない。
  • 現代に至るまで、セイはここで眠りについている。また、セイを指し、「絹宮様」「絹宮の白神」「~の白い姫」と呼び習わすようにもなる。
  • 香八院と鬼梗により、現世から分離する大儀式が行われている。恐らくは、上津未原同様、現実とはズレた異界と化していると思われる。
  • 絹宮と現実世界を結ぶ接点は「回廊」と呼ばれている。
  • 詳細は不明だが、冬院と呼ばれる施設あるいは組織が存在する。

(反転はここまで)