みはし

みはし


以下、ネタバレ情報 (文字色反転)

(ドラッグすると文字が浮かび上がります)

  • 破片の書に記述はあるものの、基本的にはゲームではなくアニメの登場人物。
  • 香八院氷坂家が「作り出した」魔術師。
  • 才のある少年魔術師を即身成仏とすることで生み出された。アニメにもその本体と思われるミイラの姿が描かれている。
  • ただ、そこに仮面が関わっているため、継承者の式神である可能性もある。
  • 単に主人である氷坂家に隷属することはせず、強い自我を持っていた模様。
  • 戦国時代に入ろうかという頃、氷坂家を掌握し、香八院の他家に伝わる仮面の欠片を収集し出す。
  • 破片の書に、その後の記述はない。ただ、桃華月憚の物語の直前、香八院が北条家を始めとする敵対勢力の粛清に動き出し、同時に身内であるはずの氷坂家もその対象となり、滅亡している。
  • アニメ版では、セイを我が物にしようと暗躍。氷坂家がセイを眠らせるために研究していた「冠」を使用し、セイを虜とするものの、守東桃香の石剣の前に敗れ去った。(ちなみに結婚式まで挙げるつもりだったらしい
  • みはしの言葉によれば、仮面の欠片はあと1つ(清春が所有しているもの)を残して、全て集めたとのこと。
  • ペルソナ・サークルを操る。

(反転はここまで)